ビットコインがもらえるゲーム。クロスリンク(CROSS LINK)

仮想通貨

ビットコインが稼げるゲームの歴史、現在できるもの、そして今後リリースされるオススメのゲームをまとめました。

ビットコインがもらえるゲーム

古いところでは「takara」というゲームがありました。GPS機能と連動しリアルな地図上にビットコインを落としたり、ビットコインを拾えるゲームです。ビットコインを拾うには、実際にその場へ行ってアプリを立ち上げる必要がありました。

実際にビットコインを拾ったことはなかったですが、当時は、画期的なシステムで面白いと思ったのですが、なかなか拡がりませんでしたね。企業などが参入して、イベントと連動してドンドン、ビットコインを配るようなことをしたら、認知度があがったかもしれません。

2018年には使っていましたが、久しぶりにアプリを開いた所、現在(2020.5.28)はなぜか使えませんでした。説明・概要→takara

で、今遊べるビットコインがもらえるゲームを紹介します。

Bitcoin Bounce

まずは、Bitcoin Bounce です。→ Bitcoin Bounce

玉を落とさずジャンプしていくゲームです。単純なゲームです。落ちるタイミングが上手につかめれば、長く続けられるかな。途中、長くジャンプできる時もあって面白いです。暇つぶしにどうぞ。

ビットコインを受け取るには、ライトニングネットワーク対応のモバイルウォレットが必要です。

オススメのモバイルウォレットはBlue wallet   → bluewallet

使い方は多少、難しいです。詳細はこちらを参考にしてください。→ Blue wallet使い方

クロスリンク(CROSS LINK)とは

『CrossLink』は、「片手間にゲームをプレイしてお小遣いも稼げる」放置型GPS連動ブロックチェーンゲームです。
ゲーム内でヒーローを目的地に向かわせて敵を倒すことで、完全放置でもアイテムやビットコインを獲得することができます。

ヒーローを強化して行動範囲を広げたり、他のプレイヤーと協力してレイドボスと戦い、その貢献度によって、より強力なアイテムや多くのビットコインを獲得することが可能です。

また、日本各地のご当地ヒーローとコラボレーションを行っており、ゲーム内で各ご当地ヒーローのエディットパーツを手に入れることもできます。

4gamer.net

GPSと連動するゲームやビットコインを稼げるブロックチェーンオンラインゲームはいろいろありますが、本格的なゲームはこのクロスリンクが初かと思います。ゲームが楽しめて、お金が稼げるというのは一石二鳥ですね。また、日本の会社ですし、応援したいですね。

ご当地ヒーロとのコラボも面白そうですね。これを機会に地方が活性化すれば日本も盛り上がりますね。早くプレーがしたいです。

既にクロスリンク内の土地の取引は可能

クロスリンクのゲーム内では、土地を購入することができます。そして、取引の売買はもう既に始まっています。

土地を所有していると、位置情報をもとに所有している土地の上でゲームプレイヤーが課金した場合、土地所有者に収益の一部がバックされます

クロスリンク

土地は、日本、外国があり日本の土地はまだ買えます。

海外の土地はほぼ全て売り切れ。アメリカのネバタ州とオーストラリアは売出し中です。(R2.5.28現在)。
ただ、庶民には買えない価格になっています。ネバタ州が約10BTC。オーストラリアが1100BTC。

販売中の土地、土地一覧は下記のリンクから

販売中の土地一覧・国内

土地・海外

SDCクラブ・ Mykey佐野

クロスリンクに関する投資の情報は、マイキー佐野さんがリーダを務めるSDCクラブというコミュニティで受け取れます。今なら、クロスリンクに投資することができます。私も投資しました。これはオススメです。

ご興味がある方は、以下のマイキー個別LINE@へご登録ください

・登録後、自動でクロスリンクの特別映像や クラブへの参加受付ページが案内されます。

・参加された場合は、 会員情報登録フォームで 「紹介者欄」に「taka」と記載いただけると嬉しいです。

・マイキー個別LINE@ への登録案内

①特別な案内が届くLINE@ご登録URL

マイキー個別LINE@

↑ ↑ ↑

この特別なURLから登録した人限定で、クロスリンクの特別映像などが届きます。

 

②キーワード

紹介者限定月情報

上記の連続した8文字を マイキー個別LINE@に 送ると案内が届くように なります。

ぜひマイキーさんからの直接のご案内を最後までしっかり お読みください。

コメント

  1. […] クロスリンクとは→ビットコインがもらえるゲーム。クロスリンク(CROSS LINK) […]

タイトルとURLをコピーしました