顎関節症を治すには?マウスピースについての考察

私は,現在,口を開けた時,右の顎が少し<コッツン>と音がするだけで,痛みがなく,開口障害もありません.あと,食事の時は,多少違和感がある時があります.

顎関節症は,普通にしていれば,自然に良くなるはずですが,なかなか治らない方も多いようです

治らない理由としては,精神的な課題があるように思います.顎関節症と診断され,自分なりに調べたりしてなんとなく要因がわかった.ただ,それを改善しようとしないそのままでは,また,再発を繰り返してしまいます.

考え方を変えて,生活習慣を見直して,姿勢を良くするように心がける.この考え方を変えるというのが大事です.考えているのは,自分の頭の中です.なぜ考え方が変わらないのでしょう.自分が変えないからです.人間,弱い生き物です,変えるのは勇気がいるし.リスクがあると考えているからです.

考えるとわからなくなってきましたが,考え方を変えるのは簡単でもあり,難しいことでもあります・・・

筋力UPのために運動を始める.など,とにかく自ら行動しないことには顎関節症は治りません.医師に頼ってばかりいては・・・と分かってはいるんですがなかなか行動に移せないのも事実です.せめて,自分を守るためにも知識はつけましょう.

こんな歯科医師には注意

こちらの記事にもありますが,歯医者の選び方 歯医者さんも何かと大変なようです,誰のせいでもなく,歯医者さんも必死です.良心的な,優秀な歯医者さんもたくさんおられると思いますが,歯科医師にも様々な方がおられますので,ポイントをまとめました.

すぐに歯を削りたがる,高額な治療をすすめる(高価なマウスピース)

このままにしておくと症状が悪化し大変なことになると不安を煽る

あなたの顎関節症の原因は噛み合わせだと断言する(ホントは様々な要因があります)

などの歯科医師には注意した方が良いです.

顎関節症とマウスピース

マウスピースですが,
基本的な考え方として一時的に使うという意識が必要です
th13VDPV22.jpg

長時間マウスピースをつけていれば,早く良くなる,効果がある

と,考えられる方もいるようですが,マウスピースは補助的なものであり根本的に顎関節症を治すわけではないので,マウスピースのみをしていれば良くなるという考えは改めたほうが良いです.

顎に痛みがあったり,口が開かないと,不安になり,誰かや何かに頼りたくなる気持ちはよくわかりますが,顎関節症を治すのは自分です

自分のために,考え方を変えて,一歩を踏み出しましょう.

スポンサーリンク
グーグルアドセンス
グーグルアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
グーグルアドセンス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください